照射スポットがアキュチップでは直径6.35mmと小さくなっているのが大きな特徴の一つです。
お肌の広い範囲に無駄な光が照射されませんので、正常組織に悪影響を与えてしまうことなく施術を進めていくことが出来ます。

 

アキュチップは、メラニン色素とヘモグロビンに対しての吸収率というのが非常に高い500〜635nmの波長があります。
ターゲットとなる場所に照射をすることで、悩みのメラニン色素を除去していき、その結果しみやそばかすなどを解消することが出来るのです。アキュチップというのは、これまでのフォト治療器では、反応し難かった色素の薄いしみに効果があります。
諦めていたしみもこれで改善をすることができ、理想的な美肌を実現することがきっと出来るでしょう。





クレジットカードおすすめ談
クレジットカードおすすめ談
URL:http://xn--t8j4aa4nyhxa7duezbl49aqgs706i.com/




FX24hbankのコツ
FX24hbankにおまかせ
URL:http://FX24hbank.com/




結婚相談所比較談におまかせ
結婚相談所比較談について
URL:http://xn--h1ss7pgsi5rl7vh84uca587f.com




白髪染めランキング談
白髪染めランキング談はここへ
URL:http://xn--ebkuej0uwbb5449gbsya2f2bcz7a.com/


《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップブログ:18-01-04

最近、日本では肥満人口が増加しているといわれていますが、
中でも深刻なのが
子どもの間で肥満が増加をしているということです。

子どもの間で肥満が増加している背景には、
いくつかの要因があるようです。

まずは、食生活の欧米化。
欧米の食べる事というのは、
高カロリーで脂肪分が高いことで知られています。
こうした欧米の食生活が、子どもの肥満を増やしている要因として
挙げられています。

また、トレーニング不足も指摘されています。
多くの子どもが放課後も18時遅くまで塾などに行くようになり、
遊ぶ時間が少なくなっているようです。

さらに、遊ぶ時間があったとしても、
テレビゲームをして過ごすことが多くなってきています。

ですから、
外に出て体を動かしながら遊ぶという習慣が少なくなっているために、
トレーニング不足の子どもが増加をしているわけです。

また、親の生活も子どもの肥満を増やしている要因となっているようです。
ライフスタイルが変わって、両親が共働きであったり、
片親と暮らす世帯が増加をしています。

なので、子どもがいたとしても、
子どもにのために、時間を割いてきちんとした食べる事を作ることが
難しくなってきているそうなんです。

すると、冷凍食品やコンビニ弁当といったものが
食べる事の主流になってしまいます。

冷凍食品やコンビニの弁当というのは、
揚げ物が多かったり脂肪分が高い、もしくはカロリーの高いものが
多いですよね。

こういったことが絡まりあって、
子どもの肥満が増加をしていると懸念されているのです。


このページの先頭へ戻る