このメニューでは整形で自然な二重についての情報をお届けしています。
《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重

《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重



《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重ブログ:14-12-19


シェイプアップをして体重を落としたとしても、
体のエネルギー代謝が悪いままだと、
また以前と同じ体型に戻ってしまうということも…

エネルギー代謝を高める方法の一つに、
体を温める働きを持つ食材を
積極的に食べるという方法があります。

食材には、
体を冷やす食材と体を温める食材があります。

例えば…
冬に豚汁を飲むと体が温まりますよね。
温かいものを食べたということもありますが、
北の方で取れる食材や、冬に取れる食材は
体を温める働きのあるものが多いんです。

北の方は寒いので、
体が温まるものを取り入れるということは
自然な成り行きです。

反対に、夏の暑い時期や南国では、
暑い体を冷やすために、
冷たい食べ物を多く食べるということになりますので、
食材もそうしたものが多いのです。

まとめてみると…
・北の方や寒い季節に取れるものには体を温める食材が多い
・南の方や暑い季節に取れるものには体を冷やす食材が多い
…ということになります。

次に見た目ですが、
見た目が温かそうなものが体を温める傾向があり、
冷たそうな色に見えるものは体を冷やす傾向があります。

白砂糖や大根、白菜、なしのように白い食材は
体を冷やすものが多いですが、
にんじんやかぼちゃのように温かい色は、体を温めることが多いです。

こうした見分け方はあくまでも一例ですので、
全ての食材に当てはまるとは限りません。
にんにくは夏にできて色も白いですが、体を温める食材ですし、
にんじんやカボチャは夏にできますが、体を温めますよ。




《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重

《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重

★メニュー

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る
《お役立ちメニュー》美肌治療フラクショナルco2レーザーで綺麗なお肌
《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重
《お役立ちメニュー》悩める小ジワの解消に効果的な皮膚のリフトアップ
《お役立ちメニュー》長期間まつげエクステを維持する為のお手入れ
《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ
《お役立ちメニュー》レーザーシステムの最新鋭ジェネシスレーザー
《お役立ちメニュー》茶色のしみの原因はメラニンという色素が影響している
《お役立ちメニュー》メスを必要としないしわやたるみ治療器で有効的なサーマクール
《お役立ちメニュー》スイッチヤグレーザーを施し悩みのしみやあざを除去


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)豊胸と美容情報盛りだくさんWeb