このメニューでは皮膚のしみについての情報をお届けしています。
《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る



《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知るブログ:15-05-20


小さい頃、
あたしは父に対して不満がありました。

あたしは、父に誉めてもらった記憶がないのです。

父の言葉で覚えているのは、
「好きにしたらえぇ」「お前やったら大丈夫や」くらいのものです。

あたしにはそれが父から見放されているような感じがして、
一人ぼっちで心細く、寂しくて惨めな気持ちを感じ、
「誉めてほしい」「教えてほしい」「支えてほしい」といった思いが
満たされることはありませんでした。

そして、
「父はあたしのことがあんまり好きじゃないんだ、
だから18時も日曜日も家にいないんだ」
「父が誉めてくれないのは、あたしがダメだからなんだ」
と感じていました。

大人になった今では、
それが真実ではないことを頭で理解することができますが、
それでも、
心では「愛されていたんだ」と感じて納得するまでには
至っていませんでした。

ところが、
すごく重大なことに気づいたのです。

誉められたことがなかったかもしれないけど、
否定されたこともなかったのです。

結構な放蕩むすこであると自覚があるくらいですから、
父にとって、眉をひそめるようなことが何回もあったことでしょう。
意見したかったこともたくさんあったでしょう。

にもかかわらず、
一度もないと断言してもいいくらい、
否定されたことがないのです。

父があたしに言うのは、
「好きにしたらえぇ」だけ。

「否定されていなかった」
それは、
「あたしを傷つけた」「あたしに寂しい思いをさせた」
「あたしに自信がないのは父のせいだ」
「あたしの求める父ではない」と、
心の中で何百回何千回とさんざん父のことを否定し、
責め続けてきたあたしにとって、
雷に撃たれるくらいの大きな衝撃でした。

「否定しない」
それが、父の愛だったのです。

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る

★メニュー

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る
《お役立ちメニュー》美肌治療フラクショナルco2レーザーで綺麗なお肌
《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重
《お役立ちメニュー》悩める小ジワの解消に効果的な皮膚のリフトアップ
《お役立ちメニュー》長期間まつげエクステを維持する為のお手入れ
《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ
《お役立ちメニュー》レーザーシステムの最新鋭ジェネシスレーザー
《お役立ちメニュー》茶色のしみの原因はメラニンという色素が影響している
《お役立ちメニュー》メスを必要としないしわやたるみ治療器で有効的なサーマクール
《お役立ちメニュー》スイッチヤグレーザーを施し悩みのしみやあざを除去


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)豊胸と美容情報盛りだくさんWeb