このメニューでは皮膚のしみについての情報をお届けしています。
《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る



《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知るブログ:15-11-19


ダイエットを心がける人たちが、
やせるだろうと思って口にしてしまうのが食パンです。

軽くて量も少ないので、食べた後腹が出っ張りにくい。
そのためダイエットをしようとする人は、
食パンを主食にしてしまいがち…

しかし、
食パンにはダイエットに不向きな点がいくつもあります。

まず食パンは、小さいながらも高カロリー。
その上、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないのが特徴です。
しかも、食パンだけでは味がないため、
ほとんどの場合、バターやマーガリンなどを使って味付けしますよね。

ただでさえ高カロリーな食パンに、
油分のかたまりであるバターやマーガリンを使うのは、
さらに高カロリーにしてしまうだけです。

さあ、ここまではまだいいとして、問題なのは次です。
食パンの特徴は、少量で満腹を感じやすいことです。

なぜ少量で満腹感を得られやすいのかというと、
消化・吸収の早い「小麦粉」を使っているからです。
小麦をひいて粉の状態なので、そもそも消化が非常に早い。

しかし、これはいいようで、実はよくないのです。

食べて間もなくすれば血糖値が急上昇します。
すぐに満腹感を得られますが、消化・吸収がよくて急激に上がった血糖値は、
すい臓から血糖値を下げるインスリンを分泌され、
その後は急激に下がります。

そのため、食パンを食べてすぐに満腹感を得られても、
またすぐに空腹を感じやすくなります。

その結果「食べる量が多くなる」のです。

さっき食パンを食べたばかりなのに、
しばらくたてば不思議とまた腹が空くのはそのためです。

ですから、食パンを主食にしている人は、
すぐに腹が空きやすくなり、
我慢をする時間が長くなるわけです。
だから、ダイエットに挫折しやすいのです。


《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る

★メニュー

《お役立ちメニュー》皮膚のしみをまずは予防して原因を知る
《お役立ちメニュー》美肌治療フラクショナルco2レーザーで綺麗なお肌
《お役立ちメニュー》整形をすることで人それぞれ理想的な自然な二重
《お役立ちメニュー》悩める小ジワの解消に効果的な皮膚のリフトアップ
《お役立ちメニュー》長期間まつげエクステを維持する為のお手入れ
《お役立ちメニュー》光治療機器でも最先端のアキュチップ
《お役立ちメニュー》レーザーシステムの最新鋭ジェネシスレーザー
《お役立ちメニュー》茶色のしみの原因はメラニンという色素が影響している
《お役立ちメニュー》メスを必要としないしわやたるみ治療器で有効的なサーマクール
《お役立ちメニュー》スイッチヤグレーザーを施し悩みのしみやあざを除去


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)豊胸と美容情報盛りだくさんWeb